北米の小説、詩、戯曲、評論、伝記など言語芸術、いわゆるアメリカ文学の作品や作家に関する
情報を扱う雑記帳です。関わりのある映画や音楽、ときには別の地域の作家なども扱います。
<< The Mouse of Amherst: エミリーとハツカネズミ | main | 369: 日本のヒップホップ詩人とギンズバーグ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
近未来SFだと思って見たら
---
コメント:どうしてこんなにDVD化が遅れたのでしょう。政治的な配慮でもあったのでしょうか。

有名な映画なのになかなかDVD化されず、やっと発売されたと思ったら、今度はレンタルのお店にも並びました。原作者は昨年に死去したカート・ヴォネガット (Kurt Vonnegut) です。

 
どこで撮影したのか分かりませんが、ドイツの冬景色が綺麗です。「アリオーソ」など、グレン・グールドが演奏するバッハの曲も印象的です。

展開は、最初の方がやや難解ですが、段々と謎は解けて行くでしょう。女性の裸が少しだけ映ります。

全体として、笑わせたり驚かせたり考えさせたりしながら若い人たちを引き込み、過去の戦争について伝えることに成功した作品だと言えます。

音声は英語と日本語が選択できることになっていますが、英語だけの場面も少しあります。TV放送でカットされた場面でしょう。

字幕は日本語か字幕オフの選択ができます。英語字幕は無いです。


| 舞台と銀幕の米文学 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:28 | - | - |









http://beibun.jugem.jp/trackback/211
投稿のあった日
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
このブログに記事を書いている人
関連する日録や公開頁
最近のコメント
最近のトラックバック
テーマ別分類
最近の記事
過去の記事
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
このページの先頭へ