北米の小説、詩、戯曲、評論、伝記など言語芸術、いわゆるアメリカ文学の作品や作家に関する
情報を扱う雑記帳です。関わりのある映画や音楽、ときには別の地域の作家なども扱います。
<< 英詩を歌うスーパーモデル | main | The Mouse of Amherst: エミリーとハツカネズミ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
森の生活: ヘンリー いえをたてる
D. B. Johnson
コメント:森の生活を始めるため、ウォールデン池のほとりに小屋を建てるH・D・ソローの話。

ウォールデンと言えば、ニューイングランドのマサチューセッツ州コンコードの町から歩いて行ける森の中にある池の名前ですが、書店のチェーンや映画会社の名前になるほど有名な池です。有名なのは、行動派の哲学者ヘンリー・デヴィッド・ソロー (Henry David Thoreau) が1840年代にこの池のほとりに小屋を建てて住み、その記録をまとめた本が今でも読まれているせいです。『ウォールデン: 森の生活』(Walden: Or, Life in the Woods) ですね。この本は文章が難しいので上級者むけです。かわりに今回は、この小屋を建てたときの様子を想像した絵本を紹介します。D・B・ジョンソン (D. B. Johnson) さんの『ヘンリー いえをたてる』(Henry Builds a Cabin) です。


くまのヘンリーが小屋を建てているときに、ヘンリーの師匠でこの土地の所有者でもあるエマソンや、コンコードの住人たち (いずれも歴史に残る人たち) が遊びに来て、ヘンリーと対話します。そのやりとりを通してヘンリーの独特な考えが分かるようになっています。

ジョンソンさんのホームページ<www.henryhikes.com>から、この絵本をまるごと閲覧できます。読みたい人は[次のリンク先へ進み、]真ん中の絵をクリックして下さい。


 
| H・D・ソローの絵本 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:29 | - | - |









http://beibun.jugem.jp/trackback/209
投稿のあった日
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
このブログに記事を書いている人
関連する日録や公開頁
最近のコメント
最近のトラックバック
テーマ別分類
最近の記事
過去の記事
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
このページの先頭へ