北米の小説、詩、戯曲、評論、伝記など言語芸術、いわゆるアメリカ文学の作品や作家に関する
情報を扱う雑記帳です。関わりのある映画や音楽、ときには別の地域の作家なども扱います。
<< ベンジャミン・バトン: 小説と脚本 | main | 戯曲: 怒りの葡萄 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ベンジャミン・バトン: 映画製作のアルバム
コメント:映画製作の過程で撮影された沢山の写真と製作者たちの談話から構成される大型アルバム。

よこ35.8センチ、たて29.2[センチ]、あつさ1.8センチ、非常に大きなハードカバー本です。F・スコット・フィッツジェラルド (F. Scott Fitzgerald) の短編「ベンジャミン・バトン: 数奇な人生」("The Curious Case of Benjamin Button") に基づく同名の映画を製作する現場で撮影された静止画像、手書きのメモ、資料や図などの写真と、製作者たちの談話を基にした文章から構成されています。


フィッツジェラルドについては全くと言って良いほど触れられていません。

写真はどれも大きく、どうぞ隅から隅まで眺めて下さいとでも言いたそうな雰囲気があります。

半透明の紙に、

Life must be
lived forward

と書いてあり、そのすぐ下には鏡文字で薄く、

but can only
be understood
backwards.

と印刷してあるなど、凝ったしかけもあります。セーレン・キルケゴール (Soren Kierkegaard) の言葉だそうです。頁をめくってみると、裏側から印刷してあるせいで裏返しに見えたことが分ります。

談話を提供しているのは、監督のデヴィッド・フィンチャーさん、脚本家のエリック・ロスさん、主演のブラッド・ピットさんとケイト・ブランシェットさん、制作のキャスリーン・ケネディさん、フランク・マーシャルさん、セアン・シャファンさん、総指揮のジョッシュ・ドーネンさん、撮影のクラウディオ・ミランダさん、美術のドナルド・グレアム・バートさん、衣装のジャクリーン・ウェストさん、舞台装飾のヴィクトル・ゾルフォさん、ロケーション・マネジャーのビル・ドイルさん、特殊メイクのグレッグ・キャノムさん、デジタル処理のエリック・バーバさんです。

全体を通読して感じたのは、説明的じゃないことです。目次も章わけも見出しも無く、製作の過程にそって写真や文章がさりげなく配列してあります。映画製作のドキュメンタリーをそのまま本にした様な感じです。

上映館のロビーなどに置いてあったら楽しそうな本です。

参考資料
The Curious Case of Benjamin Button: The Making of a Film. Rick Mcquison, book
     design. Janet Champ, wriitng and editing. Merrick Morton, John Pingry and
     Tarsem Singh, photography. New York: Rizzoli International, 2008.

JUGEMテーマ:映画

| ベンジャミン・バトンの冒険 | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:54 | - | - |









http://beibun.jugem.jp/trackback/199
投稿のあった日
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
このブログに記事を書いている人
関連する日録や公開頁
最近のコメント
最近のトラックバック
テーマ別分類
最近の記事
過去の記事
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
おすすめ商品
このページの先頭へ